ディオーネ(Dione) 店舗選びのポイント 大阪

MENU

脱毛サロンディオーネ(Dione)の店舗を選ぶ時のポイント

ハイパースキン脱毛のディオーネ(Dione)は、全国で100以上の店舗数になり増々その数は増え続けています。

女性

 

もし通える範囲にディオーネ(Dione)店舗が複数あって、どこが一番通いやすいか、自分に合っているのかわからない方へ、参考になるディオーネ(Dione)の店舗選びのポイントを大阪を例に紹介します。

 

ディオーネ(Dione)の店舗は大きく2種類

脱毛サロンディオーネ(Dione)には、2つの形体があります。1つはディオーネ(Dione)の直営店で「Premium」という名称がつく店舗、もう1つは各個人がディオーネ(Dione)と契約し営業しているフランチャイズ店。直営店は東京の新宿店Premium、南青山店Premium、大阪の新大阪店Premium、心斎橋店Premiumと4店舗で、その他はすべてフランチャイズ店です。
大阪市内にはディオーネ(Dione)直営店は2店舗、フランチャイズ店は7店舗あります。(2016.5現在)

 

フランチャイズ店のオーナーの多くが、エステシャンの経歴を持ち、さまざまな脱毛サロンを利用した経験も豊富な中、やっと安心安全なハイパースキン脱毛に出会えたのをきっかけにディオーネ(Dione)のオーナーになった−という経歴をお持ちです。

 

ディオーネ(Dione)直営店とフランチャイズ店の違い

では、ディオーネ(Dione)直営店とフランチャイズ店はどう違うのでしょう?近くに2種類の店舗がある場合、どちらを選ぶ方がお得なのでしょう?
結論は、どちらもメリットとデメリットがあるので各店舗の詳細を比較し、自分の好みで選ぶとよい−ということになります。

 

直営店だけのカード、ポイント制

 私は大阪のディオーネ(Dione)直営店 心斎橋店Premiumに通っています。たまたまそちらの無料チケットをいただいたのがきっかけでしたが、利用してみると直営店にはその中だけで使えるカードとポイント制がありました。
カードはプリペイドカードとしての利用ができ、最大5万円までチャージ可能です。

ディオーネ(Dione)カード

ディオーネ(Dione)カード

チャージしたり、脱毛プランを契約したとき等にはポイントがもらえ、そのポイントは店舗内で売っている商品を購入したいとときや契約した脱毛プラン以外のオプションメニューで、メタトロンの保湿パック等をするときに使うことができます。※ ただし1年以内に使用しないと無効になっちゃうので注意!

 

また、店舗で施術を終えた後に次回の予約をするのですが、その時決めた予約通りに次回来店すると50ポイントもらえます。毎回予約通りに来店するだけで1年で600ポイント貯まりますね。

 

私は、予約は後日電話でするので予約ポイントはもらえませんが、脱毛プラン契約時に1000ポイントもらったり、1月にくじ引きで当たって1000ポイントもらったのを、アームガードルを購入したり、メタトロンの保湿パック施術に利用しました。

 

現在のポイント状況を知りたいときは、公式サイトでも確認できます。
以下のバナーをクリックして、自分のカード番号を入力すれば利用可能ポイントや有効期限が表示されます。

ディオーネ(Dione)直営店 カードとポイント制

 

ディオーネ(Dione)直営店内では店舗移動が可能

またディオーネ(Dione)直営店内では、引っ越し等で店舗移動をしたい場合、カルテやカード、ポイント等の情報を新しい店舗に移せるので、そのまま脱毛プランの続きが受けられます。
現に私も心斎橋店Premiumから新大阪店Premiumに移動して施術を受けています。将来的に、直営店同士での移動も考えるなら直営店を選んでおくのがおススメ。

 

ディオーネ(Dione)直営店とフランチャイズ店、フランチャイズ店同士では、基本的にこのような引継ぎは行っていないようで新しく契約し直すことになるようです。
が、場合によっては扱いが異なる場合もあるので、各店舗に事情を相談してみましょう。事情によってはできるだけ利用者に負担がかからないように取り計らってもらえる可能性もあります。

 

フランチャイズ店に通うメリットは?

では、ディオーネ(Dione)のフランチャイズ店に通うメリットは何でしょう?
フランチャイズ店は店舗の規模も様々で、ベッド数が3つ以上ある店舗から1つだけの店舗まで様々。

 

小さい店舗で住居用マンションの1室にあると、完全予約制で1人ずつ利用するので、脱毛サロンに通っていることを周囲にあまり知られたくない時、「隠れ家的な脱毛サロン」にこっそりと通うことができ便利です。

 

ディオーネ(Dione)エステシャン

また、小規模店舗だと1対1でいろいろ相談にも乗ってもらえるので、他では話せない美容の相談やストレス解消の会話も楽しめたり、本来は休日でも事情によっては無理に予約を入れてもらえることもあるようです。

 

さらにフランチャイズ店によっては、直営店にはないハイパースキン脱毛の無料体験プランがあったり、脱毛以外のネイルサービスもあったりとお得なサービスも工夫されています。(大阪府内の店舗にあるとは限りません)

 

このようにフランチャイズ店は直営店と異なるサービスや、地域密着型店舗として日常生活の中で肩ひじ張らずに自然に脱毛サロンに通う気軽さがあり、多少の融通をつけてもらいやすいのが魅力!実際、特別なおしゃれをせず、ご近所の友人に会う感覚で来店する人も多いようです。ただ、スタッフが少なければその人との相性も大事。そこは自分で判断するしかありませんね。

 

ちなみに、直営店である新大阪店Premiumもベッド数2つの地域密着型店舗で、自転車で気軽に通ってくる母娘も多いそうです。同じ直営店でもベッド数5つ、キッズルーム有りで、大都会大阪の繁華街の中心部にある心斎橋店Premiumとは客層や様子が異なるのはちょっと意外でしたが、逆に言えば、大阪府内の店舗の中でも心斎橋店Premiumが特別なのかもしれません。

ディオーネ(Dione)心斎橋店Premiumと新大阪店Premium比較

 

 

ディオーネ(Dione)の店舗を選ぶ時のポイントまとめ

ディオーネ(Dione)の店舗を選ぶ際に抑えたいポイントは−

ディオーネ(Dione)直営店かフランチャイズ店かを決める

それぞれの特徴、サービス、店舗移動の可能性の有無で選ぼう!

交通機関や地域性で通いやすい店舗を選ぶ

自分の生活の中に取り入れやすい地域、時間帯、交通の便の良さ、駐車場やキッズルームの有無で選ぼう!

オーナーやスタッフとの相性をチェックする

ベッド数の少ない店舗、フランチャイズ店は特にスタッフが少ないので気になる人は要チェック!

 

詳細は各店舗にてご確認ください。