ハイパースキン脱毛 ディオーネ バルジ領域 永久脱毛効果

MENU

ディオーネ(Dione)って永久脱毛効果があるの?

ディオーネ(Dione)は医療脱毛、レーザー脱毛ではないのに永久脱毛効果があるのでしょうか?
ずばり、一般のエステサロンの光脱毛は永久脱毛効果はないです!でも、ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛は、永久脱毛効果があると言われています。

ディオーネ(Dione) 永久脱毛

 

ただしハイパースキン脱毛は、レーザー脱毛と同様に開発されて日が浅く、100%誰にも永久脱毛効果があるとまでは言えないのが現状。でもディオーネ(Dione)の脱毛は、理論上はレーザー脱毛と同じように永久脱毛効果があると考えられており、そこが他の脱毛サロンとは大きく違います。

 

なぜか?・・・それは「バルジ領域」が関係しています。

 

バルジ領域とハイパースキン脱毛で永久脱毛効果!

バルジ領域は発毛の司令塔

毛は毛乳頭で作られると考えられてきましたが、2000年〜2001年にバルジ領域(毛隆起)が発見されてから、ここが毛の種を作る元になっている場所ではないかと考えられるようになりました。

 

私たちの毛には休止期、成長期、退行期というサイクル=毛周期があり、退行期に入り古くなった毛が抜け落ちると、新しい毛を作るようにバルジ領域から指令が出て発毛因子が飛び出していきます。

バルジ領域から発毛因子が飛び出す

 

バルジ領域(毛隆起)は、皮脂線の少し下にあるふくらみです。
バルジ領域で作られる2つの幹細胞=発毛因子毛包幹細胞色素幹細胞が細胞分裂をしながら毛母細胞となって毛乳頭に着床します。そして毛乳頭を通して毛細血管から栄養を受け取ると、毛母細胞が活性化されて毛が生まれ成長していくのです。

 

毛根の断面図

 

そして、毛母細胞は半分が毛として成長し半分は残るので、毛が抜けた後でも、バルジ領域から発毛因子が出て毛乳頭に着床すれば、何度も繰り返して毛が成長できる仕組みになっています。

 

このように、バルジ領域とは、発毛因子を出し発毛を促す司令塔のような働きをしている場所で、これまでは、発毛のためには血行を良くして毛乳頭に活発に栄養を与えれば良いと思われてきましたが、バルジ領域の存在も発毛には欠かせないとわかってきたのです。

 

バルジ領域とハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は、このバルジ領域に着目した脱毛法です。
一般のエステ脱毛とは異なる特別な波長の光を使用して、バルジ領域から飛び出した発毛因子が毛乳頭に着床する前に照射します。

 

例えば、顔脱毛だと「3〜4週間後に次回照射がおすすめです」と言われますが、この3〜4週間が発毛因子毛乳頭に着床するまでの期間です!

 

この時期に照射されると発毛因子は成長が止められた状態になって、そのままずっと毛乳頭に着床し続けますが、これがハイパースキン脱毛成功!!!なのです。

 

逆に考えれば、この時期を逃すと、その毛根の毛は着々と成長してしまうので、ハイパースキン脱毛の光を照射しても効果はなく、その毛が抜けて新しい毛が生える準備をするまで待たなければなりません。

 

この、成長因子が完全に着床して成長が始まるまでに照射して成長を止めるのが、ハイパースキン脱毛のメカニズムなのです。

 

ハイパースキン脱毛が永久脱毛効果がある理由

でも、一度発毛因子の成長が止められたとしても、バルジ領域は正常なまま残っているので、いずれ発毛因子は出てくるのではないか・・・・って思いますよね。でも違うんです。

 

ハイパースキン脱毛の光を照射されて毛乳頭に着床した発毛因子は、実際は成長しないのに「毛を成長させています」という信号を送り続けるため、バルジ領域からずっと発毛因子は出てきません。

 

発毛因子が出てこなければ毛は生えません。これがハイパースキン脱毛は永久脱毛効果が期待できるという理由です。

 

バルジ領域を壊す脱毛器として、最新のメディオスターNeXTがアリシアクリニック等の一部の医療機関に登場しています。
従来のレーザー脱毛の痛みに耐えられなかった人や日焼け等で肌が黒くレーザー脱毛ができない人には、メディオスターNeXTはとても喜ばれています。
しかし、一般のレーザー脱毛よりは痛みが少ないとはいえ痛みはあるので、完全無痛でできるハイパースキン脱毛とは異なります。

 

メディオスターネクスト

 

 

今のところ、無痛で永久脱毛効果を求めるなら、ハイパースキン脱毛しかないということになりそうです。
まして子供でも無痛で安心して受けられる脱毛法は、ハイパースキン脱毛だけ!医療機関でもハイパースキン脱毛を採用しているところもあるくらい安全性は高い評価をされています。