キッズ脱毛 ハイパースキン脱毛

MENU

キッズ脱毛が気楽にできるハイパースキン脱毛の秘密

キッズ脱毛を気楽に安心して受けることを可能にしたハイパースキン脱毛は、従来のエステで使用されている光とは別の光を使用する脱毛法です。医療機関でも採用されている脱毛法ですが、レーザーではありません。
ハイパースキン脱毛のメカニズムを紹介します。

 

キッズ脱毛を可能にした「カレン」

ハイパースキン脱毛には、「カレン」という脱毛器を使用。一般のエステサロンで使われている脱毛器は、毛を焼き切り、毛乳頭を破壊するために60〜80度の強い光を必要としますが、カレンはたったの38度。だから、やけどや出血、色素沈着といった肌トラブルがありません。
また、その光の3割は、エステや美容クリニックで行われるフォトフェイシャル用の光を含んでいるので、脱毛と同時にフォトフェイシャルができるのが特徴です。

ハイパースキン脱毛機 カレン

 

一般のエステ脱毛は、コラーゲンやヒアルロン酸配合のジェルで美肌効果をアップさせますが、ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛は、光が肌の奥まで浸透してコラーゲンを増産させる効果があります。

 

ハイパースキン脱毛

 

フォトフェイシャルって、1回1〜2万円くらいはかかるので、ハイパースキン脱毛って一見高そうで実はお得!
さらにヘッドが2つあるので、脱毛が短時間で済みます!


 

ハイパースキン脱毛機「カレン」とは

  • 38度の光を使用するので、無痛。
  • 光の3割はフォトフェイシャル用の光を使用しているので、脱毛と同時にフォトフェイシャルの効果も得られる。
  • ヘッドが2つあるので短時間で脱毛できる。

 

ハイパースキン脱毛=脱毛+フォトフェイシャル+無痛

無痛なのに、脱毛とアンチエイジング効果が同時に得られます♪

 

ハイパースキン脱毛のメカニズム

一般のエステ脱毛は、光のエネルギーでムダ毛を焼く脱毛方法です。それに対してハイパースキン脱毛は、ムダ毛が生える前の小さい「種」の時に、光の刺激を与え細胞分裂を止め、ムダ毛を成長させないようにする方法。

 

ハイパースキン脱毛機 カレン

 

一般のサロン脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を使用し、広い範囲を焼くためには大きなエネルギーが必要です。が、ハイパースキン脱毛は、休閑期の小さい毛の「種」を刺激するだけなのでわずか38度の温度のエネルギーでOK!

 

だから、やけどや出血、色素沈着、肌荒れ、痛みがないので、キッズや敏感肌、ニキビ肌、アトピー肌の人にも可能な脱毛法なのです。
さらに、ムダ毛が生えるのを待たなくても良いので、脱毛する間隔が短くて済むのも特徴。普通のエステ脱毛が、2,3ヶ月に1回に対し、ハイパースキン脱毛は、最短で3週間普通1ヶ月に1回という早さで進めるのもメリットです。

 

ムダ毛の「種」に弱い刺激を与えるだけ。無痛でキッズや敏感肌にも1ヶ月に1回脱毛が可能!

   早く脱毛が進むので効果を早く実感でき、ほぼ永久脱毛に近い効果がも期待できます♪

 

ハイパースキン脱毛のデメリット

ハイパースキン脱毛はいいことづくめですが、ハイパースキン脱毛を体験した人がすべて満足しているとは限りません。ハイパースキン脱毛は脱毛効果が実感できない、効果が感じられないといった方ももちろんおられます。

 

** ハイパースキン脱毛のデメリット **
@ まだ生えていないので目には見えない肌の奥の毛の種にダメージを与える脱毛方法なので、生えている毛がスルスルと抜ける−といった目に見える脱毛効果が実感しにくい。

 

A 毛の種=成長因子がバルジ領域から出て、毛乳頭に着床して発毛するまでの4週間くらいの間に、ハイパースキン脱毛を行う必要があるので、一般の光脱毛やレーザー脱毛が成長期の間ずっと脱毛チャンスがあるのとは異なり脱毛のチャンスは短い。

 

エステシャン

 

つまり、ハイパースキン脱毛を受けてもすぐに脱毛効果は実感できず、やがて数ヶ月後に生えてくるべき毛が生えてこないことで実感できるまで待たなければなりません。

 

また、最大のデメリットであるのが、脱毛チャンス期間が短いということです。
一度チャンスを逃すと、毛周期をぐるっと一周経て次の発毛因子が出てくるまで待たなければなりません。

 

例えば顔の毛周期は、6ヶ月〜1年6ヶ月(これに個人差も加わる)なので、チャンスは6ヶ月から1年6ヶ月の間の4週間となりますが、成長期は数ヶ月単位であるので、ハイパースキン脱毛以外の脱毛法なら脱毛のチャンスは数ヶ月あることになるので4週間よりは長くなります。

 

ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛は、この点を踏まえて定期的にきちんと通えば、永久脱毛効果が期待できるとも考えられるので、あとは一般の光脱毛かレーザー脱毛と比較して、どの方法が自分の希望する脱毛法と近いのかをじっくり考えて選ぶしかないです。